上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エディックスが納車されたのが2004年8月、最初はド・ノーマルで乗るぞ!って固い誓いを立ててたはず・・・・なんですが
エディエディ!の中でオン・オフ共に交流していくうちに
最初の誓いはどこへやら・・・
色々と変貌していくのでした。

その中で走りの部分に直接影響する給排気系と点火系について
今までの経緯を数回に分けてまとめておこうと思います。

前のブログを消しちゃったんで、全部思い出せるかどうか


給排気系
 
マフラー交換 
 2005年の5月頃、当時は藤壺・5ZIGEN位しか出回ってなく、
RS-Rとタナベが出たばっかり、柿本が近々出るぞーというような
感じでした。以前RA6オデに柿本付けてて気に入ってたんで、柿本を待つつもりだったんですが、たまたま行ったスーパーオートバックスに藤壺の吊るしがあったのを見て 即買いしてしまいました~。

付けた当時の感想ですが、テールは格好良くなったけどえらい静かだし、走ってもプラボシー効果程しか走行性能感じ無かったのを覚えています。
音のほうはテールがキツネ色に変わっていくにしたがっていい音にはなってきたものの、相変わらず静かだーって感じでした。

ZERO1000チャンバー取付
 気になる商品ではあったんですが、当初は吸気系を触るのはまずいかなという気がしていました。
メカにはサッパリ???の私ですが、ZCエンジン積んでるシビック乗ってた頃のイメージがあって、下手に吸気量増やすと混合気が薄くなりすぎて調子が悪くなるんじゃないかという懸念があったからです。
そんな感じで005年晩秋頃から気になる商品ではあったんですが、購入までには至ってませんでした。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://8213.blog77.fc2.com/tb.php/23-51c2042e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。