上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巷で手軽にパワーアップと評判のRitzパワーシフトを
社用車であるアトレーターボで試して見ました。
s-CA320253.jpg

これはちょっと前に自家用に購入したもの(当たり前だ)ですが、
エディーではエンジンのトルク感がほんのちょっと増し、回転が滑らかになった気はしました。


そこで


660ccの小排気量車ではどんなフィーリングなのかなあ?と
試したくなり、一日付けて見ました。


車から車へ乗せ替えが出来ちゃう手軽さがいいですね~・・・
って何かのCMみたい


付けて走った感想ですが
ターボが効き始める低速域では エンジンの回転がスムーズというか軽くなったと言うか、ターボが効いてからレッドまで回り切るまでの時間がほんのちょっぴり短くなったような気はしました。
例えるとオイル交換した直後のフィーリングに似てるかも。

もともと軽ターボは無理矢理でもエンジン回るんで、NAのエディーで感じた「エンジンの落ち着き感が増した」て所までは体感できませんでした。
たあぼ車で試したのが失敗だったかも。次は別のNAのハイゼットで試してみたいと思います。

この手の商品はプラボシー効果は絶対にありますが、人によって感じ方違うし、実効果を数値化しろと言われてもなのは確かです。

興味のある人は自己責任で試してみてください(爆)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://8213.blog77.fc2.com/tb.php/16-bf9915c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。